アメリカ生活と思うこと

生活している中で思うこと in USA

糖質さん(2)

子供達が戻ってくると「ご飯どうする問題」は大きな課題となる。9月5日から学校が始まって「お弁当どうする問題」も加わった。

 

「ごはん」と「おかず」

 

この公式を打ち破るのは子供達がいるとかなり勇気のいることだ。というか、料理好きではない私にはレパートリーも多くない上に、新しい料理に挑戦!という野心もなかなか生まれず、慣れ親しんだ「ご飯に合うおかず」「ご飯に乗っけちゃう丼物」になってしまう。

 

そして朝はトーストだ。

 

炭水化物様様状態

 

新学期が始まって2週間。また、パンを買ったりご飯を炊くようになった。

 

人間が炭水化物をたくさん摂取するようになったのは人類の歴史の中では最近のこととはいえ、私の歴史の中では人生そのもの。でも、糖質はよくないという情報も脳裏から離れない。

 

そんな折、Netflixで竹中直人主演の「野武士のグルメ」を見てしまった。日本にいればごく日常的に食すであろう「ラーメン」「お弁当」「ハヤシライス」「おでん」などが美味しそうに画面に映り、竹中直人さんがこれまた「うまい。うまい〜」と言って食す。

 

アメリカにいる私は、うなりながら生唾をのみこみつつ見ていた。

 

職場のドーナツ食いも容易に再開。

 

私の糖質制限もどきはあっけなく終わった。

 

糖質の中毒性というのは本当に強いんだなとか思いつつ、それがわかった上で美味しくいただく。

 

ありきたりな結論だけれど「バランスだよ!」ということに落ち着いた。

 

糖質から得られる心の栄養だって大事よ、っていう人によれば言い訳っぽく聞こえるかもしれないことも私には大切なのだ。

 

過ぎたるは及ばざるが如し

 

体に不可欠な水でさえ飲み過ぎれば死を招く。

 

ほどほど

 

よい塩梅

 

バランス

 

 

 

また明日から一週間が始まる。

 

難しいけれど、それに向かう努力は続けよう。

 

 

あと見つけたい答えは「料理することが面倒にならない秘訣」だ。