アメリカ生活と思うこと

生活している中で思うこと in USA

昨晩は中学生の娘が参加した「ライオンキング・ジュニア」のミュージカルを見に行った。小学生から中学生までの若くて元気なパフォーマンスだった。よいものだった。

 

その日は麻央さんのニュースを聞いたこともあって一日中、生きるとか死ぬとかいうことを思っていたということも重なりとても感慨深く鑑賞した。

 

人は長く生きれば生きるほど、訃報を聞くことが増えてゆく。

 

死というのはどうやっても悲しみが伴うようだ。大往生と言っていい95歳になる祖母が亡くなった時もそうだった。どんなに心の準備ができているような最期でさえ、やっぱり悲しい。

 

ミュージカルの後、夏の生ぬるい夕方の空を見ながら娘が出てくるのを待っていた。

 

ステージ1幕のライオネス達が獲物を追って、捕まえ食すシーンを思い出した。自分の命も数え切れないほどの命の犠牲の上にあるんだよなあと思ったりした。

 

娘はなかなか出てこなかったけれど、イライラせずに待っていた。数日前に夏至を迎えたばかりの6月の夜は老けるのが遅い。夜も8時半を過ぎに、夕日に照らされたシュッシュと乾いた筆でいたずら書きしたような雲が空にはりついていた。

 

そんな雲を眺めながら、病気や寿命で徐々に死に近づいていくのと、事故や自殺で突然なのと、選べるとしたらどっちがいいかな、なんて考えても仕方のないことを考えた。

 

おばあちゃんになって「今日もいい1日だった」と床につき、目が覚めたらあちらの世界に行ってしまった懐かしい人たちと再会する。そしてこの世で縁あった人たちにも「いい人生を送ったよね」と納得され、役目を終えた体は地に返ってゆく。そんな風にこの世を去るのがいいかもしれないなんて思った。

 

自分の最期をぼんやり思っていたところで娘が出てきた。顔にはまだハイエナのペイントつけたままだ。ハイエナというよりは間抜けなタヌキか出来損ないのピエロみたいで可笑しかった。そして青春だなと思った。

 

車の中では「どのシーンが一番よかった?」「どの歌が一番好き?」と質問ぜめにあった。興奮冷めやらぬ娘だった。

 

家に着くと蛍があちこちゆらゆら光っていた。この辺りは6月になるとたくさん蛍が飛ぶ。ぬるい風が木々の間を通って夜の空気をゆらしていた。

 

しばらく二人で蛍が光るのを眺めていた。

 

蛍を捕まえた娘が「捕まえたけど、思わずつぶしちゃった。最後まで光っていたけど。」と言った。