アメリカ生活と思うこと

生活している中で思うこと in USA

アメリカ一軒家への引越し(4)

アメリカ一軒家への引越し(3) - アメリカ生活と思うこと

 

ばたばたな平日の水曜日が娘の13歳の誕生日でもあった。正式なteenになる。娘のリクエストはサブウェイでお昼を食べ、ケーキはアップルパイ。プレゼントはファブリックペイントということだった。

 

その日も私は普通に出社し、帰りにスーパーへ。1軒目のスーパーでアップルパイは見つからず代わりにチェリーパイでいいか?と電話したら夫が速攻却下。(彼がアップルパイを食べたいに違いない。)

 

店も道も仕事帰りの人で混み始めている中、家とは反対方向の別のスーパーへと向かう。

 

あったあった。

 

その日は息子の習い事のある日だったため、結局アップルパイでのハッピーバースデーの歌&ろうそくふーは夜の9時頃になってしまった。

 

全然盛大に祝ってあげられずすまん!と思いつつ私は私で母13年か…などとしみじみ思う。13年間の細胞分裂はすごいものだ。

 

よくも悪くも忘れっぽく、気立てのよい娘。私がイライラするところは娘の中に私自身が直したいと思っていることと同じものを見るからなのだと思う。

 

これからも身も心も健康に育ってほしい。私とさして背の高さが変わらなくなった娘をみて思った。

 

https://www.instagram.com/p/BSYhjfDAjPz/

Beautiful morning! #sakura