読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ生活と思うこと

生活している中で思うこと in USA

スカイプ コール

昨日、何年ぶりかに30年来の親友とスカイプで話した。そして「メールでは伝えたくなかった」というニュースを聞いた。

 

中学の同級生が自殺した。

 

彼は私の友人が小学校の頃好きだった人だった。そして私が中学校の頃好きな人でもあった。誰にも言わずただ日記に書いて盛り上がっていたことを覚えている。

 

話を聞いても今の彼がどんな風貌でどんな生活をしているかもわからない私には今いちピンと来ず、自分の痛々しい思春期の思い出が巡る。

 

 

「死」というのは「誕生」と「生きること」の延長にあり、その価値に差はなく、同じくらい普通にあることなのだ。それなのに「死」だけが特別な悲しみを持つ。少なくとも私の周りではそうだ。生命にここまで意味や意義を持たせるのは人間以外にもいるのだろうかと思う。

 

今年17年に一度大発生するセミが予想外に4年早く出てきているようで、道端にはセミの抜け殻とセミの死骸がたくさん落ちている。そんな中、殻から出たばかりの羽が白くてふにゃふにゃのセミを見つけた。

 

よりにもよって歩道のど真ん中にいた。

 

10年以上真っ暗な地面の下で過ごし、がんばって殻から出て、一週間ほど地上で生きて死ぬ。下手すれば小動物の餌となり人間に踏まれ、地上での一週間を謳歌することもない。

 

一生懸命働いて、コツコツ貯金を貯めてやっと休暇が取れて旅行に出たのに不運なことが起こる。人間の人生に例えたらなんともやるせない。こんな風に例えてしまうのもまた人間だけだろうか。

 

何が言いたいのか全然わからなくなってしまったが、人間として誕生し生きて死ぬということは他の生物より厄介だ。何もかもが大げさだ。小さなことにくよくよし、感動し、自分で自分の命を断つこともある。死んだ後のことも想像する。

 

 

うむ。まったくまとまりがなくなってきてしまった。

 

存在する全ての生物はこの瞬間にしか存在しない。過去や未来に思いを馳せることはできても、存在するのはこの瞬間瞬間でしかない。すごい能力がない自分は今しか存在することしかできない。この文章を書いた数秒前にでさえ戻ることができない。

 

そんな瞬間を記憶に止め、過去とか思い出を残す。そして未来を想像する。そしてそれも生きているゆえにできる技で、脳みそが機能しているからできることなのだ。

 

哲学者でもないのに小説家でもないのに難しいようなことを書いてますます、まとまらなくなったところで朝のランニングに行ってくる。

 

どうか彼の死が周りの人たちに力を与えますように。

 

(仕事の同僚の文化では誰かが死ぬと死んだ人のエネルギーが生きている人に与えられるという。さもなければ、例えば子をなくすなんていう悲劇には耐えられないと。)

 

例のセミ。

https://www.instagram.com/p/BUPwz6ylXEp/

Already? もう?

こどもの日

お・ば・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ

 

一週間前、走りに行く際「今日はどこを走ろう?」なんて思いながら携帯の地図を見ていたら木の根っこに押されてボコっとでていた所にコケまづいた。

両膝と両手そして腕を見事にすりむいた。幸い携帯は無事だった。走り携帯は危険だと身を以て体験した。

 

今その傷たちが治ってきてかさぶたがカサカサになって剥がれてくる頃でとてもかゆい。端っこがペロリとなってきているかさぶたをベリッとやりたい衝動との戦いでもある。

 

 

数日前、4年ぶりに息子の鎧兜を出した。

 

4年前の11月。息子の5歳のお祝いがあった。この鎧兜は5歳のお祝いで着れるようにできていて、その時にだしたきりだった。このお祝いにはアメリカから夫の両親と妹も来てくれて、ちょうど私の母の誕生日も重なりサプライズパーティーも行った。両家が最後に集まったのもこれが最後だった。

 

その後この鎧兜は私たちと共に、日本からアメリカへ太平洋を横断し、アメリカ西海岸から東海岸へ大陸を横断し今に至る。

 

鯉のぼりも吹き抜けで天井が高くなっている所にだした。青空を泳げなくてごめん。

 

柏餅もないけれど、今年はもう出しただけで満足だ。

 

9歳になる息子は、とても興味津々で「日本人の気分!」と英語で言っていた。

4年前のぷくぷくのほっぺはなくなり、ずいぶんたくましくなったような息子。端午の節句で子供の健やかな成長を祝うーーーちゃんと狙い通りになっているではないか。ありがたやありがたや。

 

娘が「私のは?」と聞くので「来年、お雛様も出そうね。」と約束した。

 

こちらは40数年ものの七段飾りで、鎧兜よりも面…手間がかかるのだけど(笑)。

 

兜の横顔

https://www.instagram.com/p/BTploLJlQQ_/

Kabuto

4月はどこへ

今朝、起きてきたら(娘が)セットしてくれていたコーヒーマシーンが詰まって台所中茶色のコーヒーがぶちまけられていて起きがけの動いてない脳と体にはいささか厳しかった。

 

ふと気づけばもう5月。日本ではゴールデンウィークなんて頃。

こちらも外は見渡す限りの若葉色。日の入りも夜の8時を越えて季節はどんどん夏に向かっているのだと感じる。

 

私の4月は引越しの片付けと子供達の送り迎えと夫のマッサージと仕事と通勤に費やされた。誰かのために時間を使う。したいことよりしなければならないことに時間を使う。それは結局は自分のため、自分にかえってくる、動けることに感謝!なんてかっこいいこと思っていた。それは嘘の気持ちではないけれど同時にお腹の底の辺りには濾過しきれなかったなんとなくドロドロしたものが溜まってくのをうすうす感じていた。

 

そして詰まってしまったある夜「今日はもう無理!これ以上できない!寝る!」と全てを放り出して寝た。

 

感謝してたってストレスは溜まる!

 

これはなかなか新しい感覚だった。

 

そして気づけば5月。そろそろ通常営業に戻れるかなあ。

 

ジョギング中にであった亀。この辺りにはよくいるハコガメというらしい。体長は15センチくらい。

https://www.instagram.com/p/BTglacYF21o/

Hi, there!

 

 

 

 

 

 

 

 

筋と筋肉と骨

昨日は一日かかって台所を片付けた。これまた私がこれまで住んできた家の中でも一番大きな台所でアイランドもある。10時間くらい立ちっぱなしでくたくたになった。

 

夫はどうやら座骨神経痛らしい。肉離れかと思ってた。おとといはお産をしているかのようにヒーヒー言っていて痛みに強い夫があんなにもがくのを初めて見た。そしてあんなに痛がっていても何も産まれないとは報われない。

 

そんなこんなで夫の春休みは期待していたものとはまったく違ったものになってしまった。一日中ベッドに横になって痛みに耐えながらひたすらネット検索。ほんの数分あるくだけで激痛が走るというのだから大変である。

 

必然的にその他すべては私の役割となる。金曜と月曜に有給を取っておいてよかった。私も昨日は背中の何かを強く引っ張ってしまって今朝も痛い。二人して倒れてしまっては困るので気をつけなくちゃ。

 

筋と筋肉と骨

毎日、意識せず使っているけれど大切だと改めて思う。普段その存在さえ気づかずに当たり前のように使っているものがどれだけあるだろう。そう思うとどんなに小さなことにさえ感謝の気持ちが湧いてくる。

 

ランニング中、写真を撮ってばかり。昨日の朝は夜降った雨が朝露と化してキラキラしていてそれはそれは美しかったー!

https://www.instagram.com/p/BS8kSf2lJGy/

It's going to be a summer day 夏日になる春の朝

アメリカ一軒家への引越し(4)

アメリカ一軒家への引越し(3) - アメリカ生活と思うこと

 

ばたばたな平日の水曜日が娘の13歳の誕生日でもあった。正式なteenになる。娘のリクエストはサブウェイでお昼を食べ、ケーキはアップルパイ。プレゼントはファブリックペイントということだった。

 

その日も私は普通に出社し、帰りにスーパーへ。1軒目のスーパーでアップルパイは見つからず代わりにチェリーパイでいいか?と電話したら夫が速攻却下。(彼がアップルパイを食べたいに違いない。)

 

店も道も仕事帰りの人で混み始めている中、家とは反対方向の別のスーパーへと向かう。

 

あったあった。

 

その日は息子の習い事のある日だったため、結局アップルパイでのハッピーバースデーの歌&ろうそくふーは夜の9時頃になってしまった。

 

全然盛大に祝ってあげられずすまん!と思いつつ私は私で母13年か…などとしみじみ思う。13年間の細胞分裂はすごいものだ。

 

よくも悪くも忘れっぽく、気立てのよい娘。私がイライラするところは娘の中に私自身が直したいと思っていることと同じものを見るからなのだと思う。

 

これからも身も心も健康に育ってほしい。私とさして背の高さが変わらなくなった娘をみて思った。

 

https://www.instagram.com/p/BSYhjfDAjPz/

Beautiful morning! #sakura

 

 

アメリカ一軒家への引越し(3)

(2)の続き

 

どんな引越しも、へのかっぱということはなく毎回「面倒だなあ」と思う。そしてそれぞれに違った困難というか大変さがある。

 

今回が今までの引越しで一番違うのは私がフルタイムで働いているということだ。子供達は春休みで、夫も春休みを取っていて、私以外は皆家にいるにもかかわらず本当に全然片付かない。

 

夫が肉離れで使い物にならん(笑)というのも大きい。しかし痛みに強い人が少し動くだけでもうなっているのだから相当痛いのだろうし私自身も人生最悪の二日酔いで「不調」がどれだけ辛いものかを思い知ったばかりだ。無理は言えない。

 

私は朝の6時半ちょっと前に家を出て、アメリカ暮らしらしく(笑)高速道路をブイブイ飛ばして50キロ先の仕事へ向かう。7時にはオフィスへ着く。大抵、私が一番乗りだ。人がいないオフィスはなんとなく好きだ。

 

午後3時半ぴったりに「ではまた明日!」と帰宅する。渋滞にはまらなければ30分で帰れるが今週は事故が多く渋滞に遭遇。真っ黒焦げの車に消防員が水をかけているのも目にした。安全第一!

 

アパートに直行する。残っているものは荷造りも済んでいないためすぐには運び出せない。箱や袋に詰めたあと、地道に2階の部屋から車へと階段の上り下り。

 

アパートのすぐ外の八重桜の木の側では1階に住む子供達3、4人が遊んでいる。恰幅のいい黒人のママ(多分おばあちゃん)が子守をしているようだ。「今日は暑いねえ」とか「終わりそうかい?」とか挨拶をする。

 

車がいっぱいになると、家に戻り積んできたものをとりあえず車庫へ下ろす。

 

春休みといえど、息子の習い事の送り迎えが火水木とあるため、夕飯もそこそこに今度は息子と出かける。

 

息子の習い事から戻ると私の電池は切れる寸前で、片付けもなにもあったものではなく家はほぼ引っ越した日のままの状態で平日は過ぎていった。

 

どこに何があるのかわからないというのは誠に不便なもので、整理整頓が苦手な私でもあるべきものがあるべき場所にあることがそれだけ大切なことかを身にしみて実感している。コツコツ片付けていくしかない。

 

健康というのは、それだけで本当にありがたいと実体験を持って改めて感じる機会が与えられたのは引越しの片付けが思ったように進まずにイライラすることを軽減させてくれている。

 

 

この街の大好きなところの一つ。街中にトレイルがはりめぐらされているところ。

https://www.instagram.com/p/BS3X_I2AB9v/

Morning trail

 

アメリカ一軒家への引越し(3)

(2)の続き

 

どんな引越しも、へのかっぱということはなく毎回「面倒だなあ」と思う。そしてそれぞれに違った困難というか大変さがある。

 

今回が今までの引越しで一番違うのは私がフルタイムで働いているということだ。子供達は春休みで、夫も春休みを取っていて、私以外は皆家にいるにもかかわらず本当に全然片付かない。

 

夫が肉離れで使い物にならん(笑)というのも大きい。しかし痛みに強い人が少し動くだけでもうなっているのだから相当痛いのだろうし私自身も人生最悪の二日酔いで「不調」がどれだけ辛いものかを思い知ったばかりだ。無理は言えない。

 

私は朝の6時半ちょっと前に家を出て、アメリカ暮らしらしく(笑)高速道路をブイブイ飛ばして50キロ先の仕事へ向かう。7時にはオフィスへ着く。大抵、私が一番乗りだ。人がいないオフィスはなんとなく好きだ。

 

午後3時半ぴったりに「ではまた明日!」と帰宅する。渋滞にはまらなければ30分で帰れるが今週は事故が多く渋滞に遭遇。真っ黒焦げの車に消防員が水をかけているのも目にした。安全第一!

 

アパートに直行する。残っているものは荷造りも済んでいないためすぐには運び出せない。箱や袋に詰めたあと、地道に2階の部屋から車へと階段の上り下り。

 

アパートのすぐ外の八重桜の木の側では1階に住む子供達3、4人が遊んでいる。恰幅のいい黒人のママ(多分おばあちゃん)が子守をしているようだ。「今日は暑いねえ」とか「終わりそうかい?」とか挨拶をする。

 

車がいっぱいになると、家に戻り積んできたものをとりあえず車庫へ下ろす。

 

春休みといえど、息子の習い事の送り迎えが火水木とあるため、夕飯もそこそこに今度は息子と出かける。

 

息子の習い事から戻ると私の電池は切れる寸前で、片付けもなにもあったものではなく家はほぼ引っ越した日のままの状態で平日は過ぎていった。

 

どこに何があるのかわからないというのは誠に不便なもので、整理整頓が苦手な私でもあるべきものがあるべき場所にあることがそれだけ大切なことかを身にしみて実感している。コツコツ片付けていくしかない。

 

健康というのは、それだけで本当にありがたいと実体験を持って改めて感じる機会が与えられたのは引越しの片付けが思ったように進まずにイライラすることを軽減させてくれている。

 

 

この街の大好きなところの一つ。街中にトレイルがはりめぐらされているところ。

https://www.instagram.com/p/BS3X_I2AB9v/

Morning trail